• 患者様・利用者様
    0138-51-2111
  • 歯科口腔外科 (月-金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
    0138-51-2112
  • 健診・ドック予約 (月-金 10:00~16:00)
    0138-51-2275(直通)
  • 入退院支援室 (月-金 8:30~17:00 土 8:30~12:30)
    0138-33-1166
  • 患者様のご紹介 (月-金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
    0138-51-2111

診療科・部門 Section

診療科・部門 Section

リハビリテーション科

概要

「急性期から在宅まで」を目標に

リハビリテーション科は理学療法(PT)、作業療法(OT)と言語聴覚療法(ST)の3部門で構成されます。
私たちリハビリテーション科は、急性期から回復期、生活期に至るまで、日曜・祝日問わず365日年中無休体制でサポート致します。

患者さまの病気や怪我は、骨折や脳卒中、呼吸器疾患など種類は様々です。
医師・看護師・医療相談員・歯科衛生士他病院スタッフと協力して、患者様の生活スタイルに合った家庭復帰・社会復帰のために最も良い方法を検討し、リハビリテーションを提供いたします。

スタッフ紹介

理学療法士(PT)10名
作業療法士(OT) 5名
言語聴覚士(ST) 2名

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリ科Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

リハビリテーションの対象疾患

整形外科:
四肢・脊椎等の骨折・術後、神経障害など
内科:
急性心筋梗塞、心不全
誤嚥性肺炎後の呼吸リハビリ、急性疾患後の廃用症候群
脳血管疾患・術後、高次脳機能障害、構音障害、失語症など
外科:
がんの周術期リハビリ
口腔外科:
摂食・嚥下障害

理学療法( PT )

寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの基本動作能力の改善に向けた運動療法を行います。
筋肉が弱くなる、関節が硬くなる、痛みがあるなどの動きにくい原因を改善するために機能訓練・動作能力訓練を行います。

入院早期から退院後の生活を見据えて動作指導や運動指導も行います。

医師や看護師、薬剤師、栄養士など各専門職と連携しながら、運動療法・食事療法・生活指導などを行っています。

作業療法( OT )

当院の作業療法では、主に脳血管疾患・整形疾患の患者様を対象に急性期~回復期において、上肢機能の改善や高次脳機能障害、日常生活動作に対するリハビリテーションを提供しています。

急性期病床では早期離床を目指し、OTも医師の指示のもと発症直後・手術直後より介入しています。

地域包括ケア病床では自宅退院を視野に入れ患者様が入院生活においても自立したADLを送れるようにチームを組んで集中的なリハビリを行っています。

自宅に手すりを付けたり、福祉用具を購入したりすることもケアマネージャーや福祉用具スタッフと主に家屋調査を行い、スムーズな退院に繋げていっています。

退院後の仕事復帰についても主治医と連携を取りながら、評価や指導を実施しています。

言語聴覚( ST )

脳卒中や脳の損傷などにより、発生・発音・言語機能(聞く、話す、読む、書く)に障害がある方や高次脳機能障害のある方に対して、評価、訓練・指導を行います。

うまく食べる事ができない方に対して、摂食嚥下訓練を行い、安全な摂取方法の指導や食事形態の調整を行います

リハビリを希望される方へ

歩いて躓くようになった、腕を動かすと痛い、ご飯を食べると、喉の通りが悪いなど、不便を感じるようになった等ありましたら、一度、医師またはリハビリテーションスタッフまでご相談下さい。