• 患者様・利用者様
    0138-51-2111
  • 歯科口腔外科 (月-金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
    0138-51-2112
  • 健診・ドック予約 (月-金 10:00~16:00)
    0138-51-2275(直通)
  • 入退院支援室 (月-金 8:30~17:00 土 8:30~12:30)
    0138-33-1166
  • 患者様のご紹介 (月-金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
    0138-51-2111

診療科・部門 Section

診療科・部門 Section

薬剤部

薬剤部責任者のご挨拶

私たち薬剤師は、医療チームの一員として地域の皆様にお薬を通じて、安心してより良い医療を受けていただけるよう努めております。

薬剤部では、主に外来患者様への調剤・服薬指導、入院患者様への薬剤管理指導、透析患者様へ、腎機能に合わせた薬剤の適切な管理、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調剤、薬剤情報提供業務、感染管理、医療安全管理などさまざまな仕事をしております。

特に入院患者様に対しては、患者様の視点に立ち、服薬指導を中心に、安全て適切な薬剤治療ができるように、スタッフ一丸となり、日々励んでおります。

薬に関して、お困り、ご相談がありましたら、遠慮なくお申し付けください。薬剤部のスタッフが全力でサポートいたします。

業務内容

調剤業務は薬剤師にとって最も基本的な業務です。

電子カルテ等から情報を収集して、間違いのないよう正確に、素早く行うのは基本中の基本ですが、相互作用や飲み合わせを確認したり、おくすりに関するさまざまな不安や疑問を解消するなど、患者さんが安全で効果的な薬物治療を受けることができるよう努力しています。

また、診察を終えた患者さんが、病院の中で最後に話すスタッフは、薬局の薬剤師です。ひとりひとりが、気持ちの良い接遇をこころがけ、患者さんに気持ち良く帰っていただけるように努めています。

注射薬調剤業務

注射薬は、血管内に直接投与されるので、効果が強く出やすく、使い方には特に注意が必要です。

処方箋を発行し、配合禁忌(混ぜてはいけない薬)、投与量、投与速度、投与期間などのチェックを行います。内容を確認し、疑わしい点があれば疑義照会をします。

入院患者さんへの薬剤管理指導をはじめ、病棟での注射薬の管理・運用指導、がん化学療法にも携わっています。

無菌調製

長期間食事のとれない患者さんに行う点滴の中には1日に必要な栄養のほとんどを摂取可能な高カロリーなものがあります。

しかし、栄養豊富な反面、細菌に汚染されやすいという欠点があることから、「クリーンベンチ」という専用の設備を用い無菌的に調製を行っています。これにより高カロリーな注射薬も衛生的な状態を保つことができ、安全に投与できます。

服薬指導

入院された患者さんまたはご家族と面談をし、持参されたお薬、市販されているお薬、健康食品等の内容、服薬の状況を確認し飲み合わせ等の確認をしています。

またその際アレルギー歴、副作用歴の確認もしています。
また、入院中に処方されたお薬の飲み方や、効能、注意すべき副作用の説明を行い、効果がきちんとあらわれているか、副作用はあらわれていないかの確認をしています。

退院後にもきちんと服用を続けていけるように指導をしています。

薬品管理業務

医薬品は薬局内だけでなく、各病棟や手術室、外来の診察室などすべての部署に配置してあります。

使用期限、温度管理が守られているか、厳重な管理が必要な薬が適切に管理されているかを確認しています。

また外来患者さんへお薬をお渡しする際に欠品がないように毎日の業務として薬の補充、発注、納品を行っています。

安心してお薬を使用していただけるように適切な状態で管理しています。

DI(医薬品情報)業務

医薬品に関する情報を取り扱う業務です。

医薬品を適正かつ安全に使用するためには、投与方法、投与量、副作用、相互作用などの様々な情報を収集し、その情報が適切なものかどうか評価していくことが必要となります。

医療機関内で発生した副作用情報の収集も大切な仕事です。

医薬品は、少数の患者さんに対して有効性や安全性を確認した上で発売されますが、発売後多くの患者さんに使用されることにより、それまで見つけることのできなかった副作用が発現することがあります。

それらを病院のコンピューターネットワークを使って発信したり、あるいは院内で発生した副作用報告を行ったりしています。

チーム医療

カンファレンス

病棟カンファレンスに参加しています。患者様の治療方針などについて医師らと協議しながら、一つ一つの症例を共有することで、薬剤師としての臨床経験を増やしています。

感染制御チーム

医師・看護師・薬剤師・検査技師など各々の職能を生かした感染制御チーム(ICT)を結成して、環境ラウンド・カンファレンスを実施しています。

その中で薬剤師は感染症サーベイランス、抗菌薬の適正使用推進、教育・啓発活動と職員の衛生管理などに大きく貢献しています。

医療安全チーム

医療安全管理について、医薬品の安全に関する個々の職員の理解を深めるため、院内研修を実施する。

安全に業務を遂行するための知識・技術や医療チームの一員として、全職員を対象にした研修を年2回以上開催する。