• 患者様・利用者様
    0138-51-2111
  • 歯科口腔外科 (月-金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
    0138-51-2112
  • 健診・ドック予約 (月-金 10:00~16:00)
    0138-51-2275(直通)
  • 入退院支援室 (月-金 8:30~17:00 土 8:30~12:30)
    0138-33-1166
  • 患者様のご紹介 (月-金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
    0138-51-2111

交通アクセス Access

交通アクセス Access

周辺環境

周辺施設

  • 交通機関

    • JR函館駅
    • 函館市電 堀川町駅
  • 公共施設

    • 函館市役所
    • 函館中央警察署
    • 函館税務署
    • 函館市消防本部
  • 教育機関

    • 函館市立中島小学校
    • 函館市立巴中学校
    • 函館市立函館高等学校
    • 北海道教育大学 函館校
  • 商業施設

    • テーオーデパート
    • 丸井今井 函館店
    • スーパーアークス 大縄店
    • ポールスターショッピングセンター
  • 金融機関

    • 函館中央郵便局
    • みずほ銀行 函館支店
    • 青森銀行 函館支店
    • 北洋銀行 函館中央支店
  • 公園施設

    • 函館市千代台公園陸上競技場
    • 五稜郭公園
    • 梁川交通公園
    • 函館競馬場
  • 医療機関

    • 社会福祉法人函館厚生院 函館中央病院
    • 函館五稜郭病院
    • 函館赤十字病院
    • 国立函館病院
  • 介護施設

    • 社会福祉法人函館共愛会 介護老人福祉施設 愛泉寮
    • ヘルパーステーションよしずみ
    • 特別養護老人ホーム函館はくあい園
    • 介護付有料老人ホーム悠

函館市の観光地

函館市の文化
・芸術
  • 函館八幡宮
    函館八幡宮
    説明を読む
    1445(文安2)年、亀田郡の領守河野加賀守政通が、函館に館を築いた時、その東南の隅に八幡神をお祀りしたと伝えられ、それは現在の元町、公会堂前あたりであったと言われています。聖帝八棟造りの本殿は、威厳のある外観が特徴です。
  • 函館市旧イギリス領事館
    函館市旧イギリス領事館
    説明を読む
    北海道函館市元町にあるかつてのイギリス領事館。1913(大正2)年築、1934年まで領事館として使用されていて、 函館市に開設された領事館の中でアメリカ、ロシアに次いで3番目に古いものです。現在は、開港記念館として一般開放されています。
  • 玉川上水
    市立函館博物館
    説明を読む
    1966年4月28日に市立の総合博物館として開館。博物館本館には、出土銭貨としては日本最大量を誇る国指定重要文化財「北海道志海苔中世遺構出土銭」を含む考古資料をはじめ、函館の古き良き時代を物語る民俗資料、地質/鉱物/化石資料や北海道内外の動植物資料をはじめとした自然科学資料などが収蔵・展示されています。
函館市の豊かな自然環境
  • 五稜郭公園
    五稜郭公園
    説明を読む
    戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争で、榎本武揚、土方歳三らが率いる旧幕府軍にとって最後の砦となった五稜郭。国の特別史跡に指定され、一般的には五稜郭公園の名で親しまれています。夏は緑、秋は赤や黄色、冬は白、そして5月の大型連休ごろには桜色へと彩りを変えます。
  • 函館山
    函館山
    説明を読む
    函館山からの眺望は、ミシュランガイドブックに三つ星として掲載されるほどの「極上の眺望」。山頂展望台へはロープウェイ等で行くことができますが、時期によっては制限があるため事前に確認が必要です。
  • 函館市熱帯植物園
    函館市熱帯植物園
    説明を読む
    多角形の園内には約300種3,000本の熱帯植物が植えられています。特に、12月から5月のゴールデンウィークまで、サル山では温泉に入るサルの姿が有名です。
函館市の高い利便性
  • JR函館駅
    JR函館駅
    説明を読む
    当院の最寄駅の一つ。JR函館本線の駅で、2017年の1日平均乗車人員は3,095人となっています。
  • 函館市電 堀川町
    函館市電 堀川町
    説明を読む
    当院の最寄駅の一つ。函館市企業局交通部が運営する軌道(路面電車)事業です。路線名は「湯の川線」になります。
  • 金森赤レンガ倉庫
    金森赤レンガ倉庫
    説明を読む
    北海道函館市にある赤レンガ倉庫群の名称。輸入雑貨や船具などの販売を手掛けていた初代渡邉熊四郎が1887(明治20)年、既存の建物を買い取って営業倉庫業に乗り出したのが始まりです。現在はショッピングモールやビアホール・レストランが入居する、函館の観光名所となっています。この地域一帯は重要伝統的建造物群保存地区、街並みは北海道遺産に選定されています。